ホーム > 学びノート > 放送大学 科目メモ > 健康長寿のためのスポートロジー('19)

放送大学 科目メモ

健康長寿のためのスポートロジー('19)

このページでは、生活と福祉コース科目である健康長寿のためのスポートロジー('19)について内容等を紹介しています。

区分など

放送授業・導入科目
「健康長寿のためのスポートロジー('15)」の改訂科目です。

履修のきっかけ・動機

社会と産業コース卒業後、生活と福祉コースで学ぼうと思いました(その予定は変更となりました)。
健康的長生きするための様々な知識が得られると思い履修登録しました。

科目内容は?

第1章、第2章では運動不足による生活習慣病、死因や介護要因の統計などを踏まえ、
なぜ運動が必要なのか、現代社会における運動不足と運動の影響を学びました。
次に水中運動や肥満のメカニズム、運動によってどのような効果があるか、
メタボリックシンドローム・心血管疾患・ 骨粗しょう症・ロコモなどのメカニズムや
治療、運動方法やその効果について学びました。

運動と骨格筋では どのようにして骨格筋が動いているか、
スポーツの競技によって骨格筋の特徴に違いはあるかなどについて、
終盤では認知機能や認知症、がん、子どもの運動不足などについて学びました。
15回で様々な内容が盛り込まれていた科目でした。

感想など

高校生物などを学んでいる前提で放送授業の中で話をされていることもありました。
試験は過去問とテキストとノート持込可で対応できましたが、自分の知識として身についていないと感じました。
この科目で学ぶ前に、基盤科目の「運動と健康」や生物学や人体の仕組み、化学について勉強しておく必要があったと思います。
私には難しい科目でした。

科目メモ一覧に戻る
履修科目一覧に戻る