ホーム > 学びノート > 放送大学 科目メモ > 日常生活のデジタルメディア('18)

放送大学 科目メモ

日常生活のデジタルメディア('18)

このページでは、情報コース科目である日常生活のデジタルメディア('18)について内容等を紹介しています。

区分など

放送授業・導入科目
「日常生活のデジタルメディア('14)」の改訂科目です。

履修のきっかけ・動機

科目名のように、私たちの日常は様々なデジタルメディアに囲まれています。
個人的にデジタルメディアに関して、ここ10年ぐらい遅れ気味で前提とする知識も必要なかったため履修登録しました。

科目内容は?

第1回はデジタルメディアとはどういものかということが解説されています。
デジタル機器が手放せない生活をされている方も多いと思いますので、想像できるのではないでしょうか。
言葉で説明するとどうなるのか、デジタルメディアが私たちの日常生活に与える影響など解説されています。

第2章は、「日常生活」の定義が、第3章から第6章では、デジタルメディアを分類し説明されています。
デジタルメディアは「仕事」「娯楽」など日常生活の様々な場面で用いられ、
人によっても重視される場面が異なりますし、同じ人でも多様な場面で使われているんだなと改めて感じました。

パーソナルメディア、モバイルメディア、ソーシャルメディアという言葉は聞いたことはありましたが、
「ジオメディア」という言葉は初めてでした。
放送授業を見ると、そういう意味だからこの言葉を使っているんだと理解できるのですが、
一般的にはなじみが薄いかもしれません。
地理空間(位置)情報に関するメディアのことなので、今の時代、なじみがあるのではないでしょうか。

第8章から第13章までは日常生活の様々な場面とデジタルメディアについて解説されています。
それぞれの場面とメディアがどのように関わっているか、問題点なども学びます。
最後の2章は、デジタルメディアと個人・社会との関係性についてです。
テキストや放送授業の中で、担当講師とゲストとの話があり
その中で紹介されてる書籍に興味を持ちました。(ページ数が多くて、チャレンジできていません)

感想など

デジタルメディアは日々進化しているので、勉強している時も新たなものが生み出されていると思います。
テキストや放送授業で基本的なことを学びながら、新しい技術の情報をデジタルメディアを通して取り入れていく、
そのような学び方がいいかなと思いました。
担当講師の方が、所属学習センターで面接授業も行っていたので、機会があれば、面接授業を受けたいと思っています。

科目メモ一覧に戻る
履修科目一覧に戻る