生活と福祉コース 学びメモ1

このページでは生活と福祉コースのうち「健康長寿のためのスポートロジー('19)」「社会福祉への招待('16)」の感想など学習メモを紹介しています。

健康長寿のためのスポートロジー('19)

放送授業・導入科目。2019年1学期に履修。

履修のきっかけ

  • 全科履修生の2コース目を生活と福祉コースで学ぼうと思い、卒業要件を満たすためには導入科目の単位をできるだけ多 く取る必要があると思ったから。
  • 「健康的に長生き」というキーワードと、導入科目でナンバリング210の科目なので入門的な科目なのかなと思ったから。

感想・反省点など

  • 最初に思っていた以上に苦戦しました。高校生物を学んでいる前提での話についていけなかった。
  • 生物だけではなく化学の知識も必要だと感じた。
  • 前提知識があれば、十分ついていける(理解できる)と思うし、健康系の上位科目につながる科目だと思う。
  • 中学理科からの再学習や、導入科目「運動と健康」を学んでから履修すればよかったと思う。
  • 時期を見て改めて学びなおしたいと思う。

社会福祉への招待('16)

放送授業・導入科目。2021年1学期に履修。

履修のきっかけ

  • 上記、「健康長寿のためのスポートロジー('19)」が難しくて健康系の科目は現時点では無理だと思ったことと、仕事で活かしたいと思い福祉系の科目にチャレンジすることにしたから。
  • 「福祉」という言葉は知っていても、自分の中では意味が曖昧で基本的なことから学びたかったから。

感想・反省点など

  • 社会福祉の定義や範囲についても国や時代とともに変わってきているんだなと感じた。
  • 支援の前提に「自立」が求められることがあるが、その意味も複数あることが分かった。
  • 入門的な科目で、これから上位科目を学ぶにあたり、何度も読み直すことがあるのではないかと思う。
  • この科目自体は今年度で閉講してしまうので、後継科目も比較しながら学んでみたいと思う。
ページの先頭に戻る
学びノート 生活と福祉コースに戻る